こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 学習支援・教育開発センターホーム
  2.  > センター主催講演会
  3.  > 第5回

センター主催講演会

第5回

“The Quality Enhancement Plan: Improving Student Learning Outcomes”
(「質向上計画―学生のラーニング・アウトカム向上に向けて」)

日時2009年6月27日(土)15:00~16:30
会場同志社大学今出川キャンパス(至誠館4番教室)
講師レイバーン・バートン氏
サウスカロライナ大学ビューフォート校教授
広島大学高等教育研究開発センター外国人研究員

講演概要:
In 2007, the Southern Association of College and Schools amended its accreditation criteria for colleges and universities to place greater emphasis on student learning outcomes. The new requirement is called the Quality Enhancement Plan (QEP). It must be met by higher education institutions to be accredited initially, if a new institution, or to have accreditation reconfirmed for those institutions that have been previously accredited.
The QEP must be initiated by the faculty of an institution and must focus on student learning outcomes. This lecture will examine the QEP as a critical component of the accreditation process utilizing the University of South Carolina Beaufort’s QEP, which is titled Engaging Minds: Critical Reading for College Success, as a case study.
アメリカの南部地区基準協会は、学生のラーニング・アウトカムを重視し、2007年にアクレディテーション基準の改正を行いました。そこで要求されるようになったのが質向上計画(Quality Enhancement Plan, QEP)です。本講演では、アクレディテーションの重要な要素である質向上計画(QEP)について、バートン教授の本務校であるサウスカロライナ大学ビューフォート校の事例を中心にご紹介いただきます。